トイプードルの多頭飼い、千葉県市原市ケリー&バーキンちゃん

今まで数頭お持ち頂いた千葉県市原市のお客様
さらに今年の1月に、トイプードルのシルバーのメスを引き取られ
トイプードルシルバーの子犬
さらにさらに今年の7月に、ティーカッププードルのレッドメス2頭を引き取られ
ティーカッププードルレッドの子犬メス2頭
3ヵ月後(キキとララの名前が逆でした)
ティーカッププードルレッド子犬メス画像
(左キキちゃん1.3kg、右ララちゃん900g)
今まで多産系のレンの子供を異父兄弟、2頭引き取って頂いているのですが
ティーカッププードルレッド成犬メス画像
(エルちゃん1.5kg、イヴちゃん1.6kg)
エルちゃんがAMCHライダーの子供、イヴちゃんがAMCHピースの子供
今度は、AMCHハッピーとレンとの間に生まれた子供が欲しいと言う
リクエストを数ヶ月前に頂き、レンに生理が来たのでハッピーと交配をして
8月22日生まれのトイプードルレッドの子犬メスを・・・・
また2頭引き取られました
トイプードルレッドの子犬メス画像
子犬を1頭で飼うよりも、実は2頭で飼った方が
飼い主も犬も結構良かったりします
たくさんの子犬を買えるのは、もちろん財力あっての事ではあるのですが
この方は、犬をたくさん飼っていても、きちんと1頭1頭しつけをされています。
私が応接室にお茶を持っていっても、たくさんいるのに静かにしています。
そして、毎回応接室にはキャリーケースを運び入れています。
抱っこされている犬もいるのですが、中でおとなしく待っている犬もいます。
こういう事は、飼い主も犬自身もなかなか出来る事ではないと思います。
そして、ブリーディングは少ないのですが、勉強熱心なので
犬以外の本業や主婦業の傍ら生ませて商売にしているような人達を
凌ぐ知識を持っているそうです。
それはインターネットで知識を仕入れているのではなく、
獣医師やブリーダーの主人、犬の訓練士やトリマーなど、
犬に携わる職業の人に疑問に思う事をご自分で色々聞き、
さらにそこから考え、確かめる事をしているからじゃないかと言う話です。
だから、気に入った容姿の子犬を買い漁って、
アクセサリー感覚で飼っているわけでは全くないんですね。
画面向かって左が、ピンクのゴムをしていた子犬で、バーキンちゃん
画面向かって右が、赤のゴムをしていた子犬で、ケリーちゃん
トイプードルレッドの子犬メス画像
トイプードルレッドの子犬メス画像
そして、異父兄弟4頭、全て母犬レンです
ティーカッププードルレッドとトイプードルレッド画像
ちなみに、画面向かって、右側の女性、
お茶を持って行った時に『今日はお嬢さん連れかしら?』と思ったら
飼い主さんがお願いしているトリマーさんでした
主観的に、感情的に子犬を選ばないように、
客観的な意見を聞き入れるためとの事でした
こんな景気なので、竹内の所から、A HAPPY DOG LIFEから
子犬を買いたいと思って下さる方がいるだけで十二分にありがたいのですが
今回の子犬達で、今までいったい何頭お持ち頂いたのでしょうか
お土産に、エシレのフィナンシェを頂きました
主人は『エチレって有名なの?』って聞いてきました
エシレ・メゾン デュ ブール画像
まず社員トリマーに渡して、主人は口にする事無く、
子供が美味しい美味しいと、残りを食べてしまいました
(有)A HAPPY DOG LIFE

JUGEMテーマ:トイプードル