今年の2月に大阪にお住まいの方から
ラブラドール(黒)のお問い合わせを頂きました。
うちでは生まれているラブの子犬がいなくて、
主人の知人ブリーダーさんの所で、子犬が生まれるのをお待ち頂いて。
3月生まれの子を、5月下旬にお渡しする予定でいたのですが、
事前の健康診断で引っかかってしまい、事情を正直にお話して
子犬の引渡しが中止になりました。
お金を全額頂いてしまっていたので、返金をして、
そこでお客様には、よそで探して頂く選択肢もあったのですが、
『もう少し待ちます』と言うお返事を頂いて。
お客様の方は、長年飼っていたラブを亡くした所で、
もう一度ラブを迎え入れようと言う気持ちになれた所でした。
その後は、うちで交配したラブが不受胎だったり・・・
黒ラブのオスの子犬が生まれなかったり・・・
本当に縁がなく。
でも、仲間ブリーダーさんを広く聞いて探せば、
きっともう少し早く子犬はお渡し出来たのかもしれませんが
”黒ラブなら何でもいいや”と言う考えではない主人のスタンスだったと思います。
そして、やっとこの度、知人ブリーダーさんの所で生まれた子なのですが
黒ラブの子犬をお渡し出来る事になりました



父犬アメリカンチャンピオン&JKCチャンピオン
そしてインターチャンピオンも射程圏内で
子犬そのものも犬質は良いそうです
ちなみに、姉妹犬の子犬はうちの4倍程の金額で
売られた子もいるそうですショウバイ,ジョウズダ
犬の世界に限った事ではありませんが、
直接頼むよりも、関係者とか親しい知人とかに頼んだ方が
安く手に入る事もありますよね
そして、おまけ情報ですが
同じ父犬(異母兄弟)で、クリーム色(イエロー)のラブ
産まれて1週間の子がいます
JUGEMテーマ:ラブラドール・レトリバー